5/20/2010

エリカ・ブラスバーグちゃんのメモリアル


娘に絵本を読んであげていて、シンデレラの本名が、「Ella (ギリシャ語の名前で、torch(トーチ)とかbright light(明るい光)という意味。)」だったと言うことを初めて知って愕然としたやきそばパンZです。

そう言えば、「灰かぶり姫」とか聞いたことがあったような無かったような・・・。

Cinder(暖炉の燃え残り)+Ellaで、Cinderella(シンデレラ)だったのか。
舞踏会に行って幸せになった後は、Cristalellaとかとかに変わってもいいのにね。(^_-;

「『Happily ever after.』とか言うけどね、王子様と結婚して宮殿に入ったりしたら、実はその後が大変なんだよ! 継母からは逃げてね、仲良しだった動物たちと暮らして、しがらみのないイイ男探した方がいいんだぞ。」って、まだ3歳なのに言って聞かせてあげる私は、とても良いお父さんです。 ♡


---


前記事 (←クリック)

・・・

エリカ・ブラスバーグちゃんの育った地元、コロナにあるイーグル・グレン・ゴルフクラブで行われた、memorial (追悼式)に行ってきました。


メモリアル(悼む会)は、プライベートで行われるburial(埋葬)に先駆けてゴルフ場で行われました。
お花だけでも。って思いまして。



イーグル・グレンというゴルフ場には、3-4年前に日本からいらしたお客さんとの接待(され)ゴルフで一度ラウンドしたことがあります。
山に囲まれていて、valley(谷)の底のところに配置されている平らなホールと、山間から打ち下ろすようなホールとが、混在している、なかなか機微に富んだ、よく手入れされたコースだったように記憶しています。



Eagle Glen Golf Course
http://www.eagleglengc.com/


画像をクリックで拡大します。


今度また、ゴルフしにこなくっちゃ。



こういった会でもあれですね、アメリカ人のスピーチってのはどこかで観衆を笑わせないといけないようですね。
ある意味、非常に感心いたします。

もちろん、泣きながら思い出を語る友人もあり、いろいろな方がスピーチしている様子でした。
私は時間もあまりないので、10分ほどしか会場に居ませんでしたが。

(それとあれですね、こんな日にもレンジでボールを打っているマイペースなゴルファーのみなさんもいらっしゃるんですよね。 まぁ、アメリカってのは基本的にそういうところですけど。)



テレビ局とか、報道陣も詰め掛けていましたけど、そこになぜか救急車と(白い)消防車が来ていますのは、会場で倒れちゃった方が居らしたからなんです。

大丈夫だったかなぁ。


お花は、会場の係の方(か親戚の方かゴルフ場のパーティーの係の方かよく判りませんが)らしき方に、
「私は一介の町人ファンなんですが、お花を献じたいと思いまして。」
とお話をしまして、
「分かりました。他のお花と一緒に献花いたしますね。 カードは付けなくてよろしいのですか?」
「あ、いえいえ、私は馬の骨ですので。」
というやりとりをして受け取っていただき、会場をあとにしました。



ご家族、とくにお父さんのお気持ちは、計り知れません。



本当に可愛い、若くて将来のある惜しいゴルファーを亡くしてしまいました・・・。



R.I.P.



---


追記: 5/22/2010

ゴルフ・ダイジェストのサイトに、エリカのメモリアルについて書かれた記事が載っていました。



---

追記: 7/14/2010

エリカの誕生日に、お父さんのメルさんがTVでインタビューに応えました。

「Erica Blasberg's Dad Wants Answers」


まだ、ハッキリした死因や自殺か他殺かなど、結論はお父さんにも知らされていないようです。


亡くなった2日前にもゴルフを一緒にプレーし、なくなった翌日にエリカを訪ねて9-1-1をコールした地元のトーマス・ヘス医師が、容疑者として警察の家宅捜索を受けましたが、この人の関わりも発表されないまま。

何か知っているのに口を開かず、お父さんにお悔やみの言葉のなかったこの医師を、殺人犯だとはまでは言わないが、こういった面もある人物だということは知ってもらいたい。というようなことも話したようです。



---

追記: 8/25/2010

さらに続報の記事が出ました。

エリカの死因特定のニュース



6 comments:

Anonymous said...

シンデレラの話笑いました!
本当に良いお父さんですね! 
現実は厳しいという事を3才から教育してる!

桃太郎の話で、桃を切ったら中から二つに切られた
桃太郎が出てきました。って聞いたことありますが。。。
個人的には、この展開の方が好きです

確かに、桃だけを切って中の桃太郎を切らないって
出来ないよなぁ~。。。とヘンな所に感心しました。




Posted by:スノーマン at 2010年05月20日(木) 15:46

Anonymous said...

エリカ・・・残念でなりません・・・
LPGAで彼女の活躍する姿を、もっともっと
見たかったです

Posted by:inasyu at 2010年05月20日(木) 16:14

yspz said...

いやー、桃の種は硬くて普通には切れませんから、そんな感覚なんじゃないかと・・・。

そんでそん中からパカっと、おぎゃーって。


「・・・ってか、童話だよ!
説明してどうする。」って感じもしますが。(笑)



Posted by:やきそばパンZ at 2010年05月20日(木) 16:17

yspz said...

inasyuさん、こんにちは、はじめまして。

ちょっとね、07年までは良かったんですけど08年にエグゼンプション無くしてから低迷していて、悩んでいた節はあったんですよね。

でもメキシコのトレス・マリアスでマンデーから出て44位に入って、さぁこれから、って感じだったので、お父さんが他殺を疑うのも無理はないんですけど、

逆に、殺そうとする人なんか居るの?ってくらい人に好かれる子だったそうなので、うーん、って感じです。

また続報が分かったらご報告します。

(ってか、私はただの一介のファンなんですが。 )


Posted by:やきそばパンZ at 2010年05月20日(木) 16:29

Anonymous said...

良いお父さんですね(笑)。ウチの上の娘(小学1年)は
ウケそうです。下の娘(11ヶ月)はまだ“マンマ”しか
理解してないようですけど、ニッコリはするかも
知れません(笑)。

こんなバカな話ができるってことは幸せですよ。
ブラスバーグさんのお父さんはそんなエピソードを
思い出したら余計に涙がでちゃいますからね。
できればブラスバーグさんのお父さんみたいな
経験をしないで“灰”になりたいもんです。

Posted by:コルレオーネX at 2010年05月20日(木) 22:04

yspz said...

Xさん、こんにちは。

息子の時と、読んであげる本がぜんぜん違うんですよね。

スノー・ホワイトとか、「なんで何回言っても、小人さん達の注意を聞けないのよ?」とか思ってしまいます。浅はかすぎ。(笑)


女の子には、厳しいプロの世界とか、芸能関係だとか、そういう方向には行かないで欲しいなぁ、と思います。(行けないと思うけどね。(笑))

そういえば、エリカはレクサスカップだったかなんだったか、米国チーム代表に選ばれて、最終日にインターナショナル・チームの東尾理子プロにマッチで勝ってるんですよね。


ああいった結婚をされるのも(以下自粛)。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年05月20日(木) 23:31