4/18/2016

3Wをリシャフト (ALDILA NV 75X)


最新コメントのウィジェットを左側サイドバーに追加してみました。
実は他にもちょっとずつ変えてアップデートしてます。(^^;


オデッセイのToe Up パター、発売になりましたね!

マジでパター2本体制、考慮します。
(本当にショートパットがよく安定し、少し安く手に入ったら、にしますが。)


−−−


先月、先々月と、ドライバーが好調だって書いていましたのですが、

Taylormade SLDR 430 TP Driver スペックの整理
ゴルフスイング-17 (Taylormade SLDR 430 TP Driver)

それに合わせて導入した3Wがどうもフィーリングが違っていました。


3W代わりに使っていました、同じテーラーメードのSLDRシリーズのmini-Driverというクラブがとても打ちやすくて気に入っていたのですが、フェアウエーから打つにはやはり3W のヘッドの方が打ちやすいということで3Wも購入したのですが、どうやらシャフトが若干重すぎたようです。

mini-Driverのシャフトはフジクラス・ピーダーの77S、3WはスピーダーのTS 8.3 (TP) SLDRだったのですが、ほんの5g程度の差だと思うのですが、ドライバーとかハイブリッドの3番と微妙に合いませんでした。
もしかしたら重さだけではなくて、撓りとか先調子/元調子とかの違いかもしれません。
むしろ、昨今言われているMOIなんだろうと思ったりしています。

練習場で、3Wだけ打っているときはすごく良いんですよね。
他のクラブととっかえひっかえすると狂ってしまいます。


そこで、リシャフトを。

調子の良いmini-Driverのシャフトと同じフジクラス・ピーダーの77Sを探せば手っ取り早いし他のクラブとも揃うのでそうしたいところですが、アフター・マーケットのシャフトではありませんため、もう1本3Wを買う羽目になります。

私としてはゴルフ歴で初めてなのですが、せっかくいわゆるカチャカチャ式のアジャスタブルのネックのクラブを使っていますので、シャフトとスリーブを購入して入れ替えて使いたいなぁ、と考えまして。


すぐに思いつくのは、以前使っていた3Wに使っていたシャフト、アルディラの NV 75X です。

ということで早速購入しまして、ドライバーの方はリシャフト必要ないのですが、長年愛用しているアルディラの NV 65S のシャフトを友達からもらってありましたので、ついでにスリーブを付けてもらって用意しました。

画像をクリックで拡大します。


ドライバーと 3W と、それぞれ 2本づつシャフトが出来ました。  (^^)
カチャカチャってやって、簡単に取り替えられます。 ちょっと感動。 (笑)


アルディラのサイトでNVシリーズのスペックをあらためて見てみますと、重さは 78g で トルクが 2.8 となっています。

ドライバーがフジクラ・スピーダーのTS 6.3 (TP) SLDRで、シャフト重量が 65gで トルクが 2.7 になっていましたから、調度よい感じじゃなかろうかと思います。

何より、今までずっと愛用してきた3Wと同じシャフトでヘッド違いですから、大丈夫でしょう。


画像をクリックで拡大します。


アルディラ NV シリーズのシャフトの何が好きって、それはもうずば抜けた低弾道仕様なところです。
メカニズム的にはどうなっているのかちっとも判りませんが、とにかく低く出てくれます。


アルディラ・シャフトの NV シリーズのスペックはこちら。


クリックでALDILAのNVにリンクしてます。

これだけ低弾道をうたって売られている製品ってそんなに多くありませんよね。

シャフトの硬さの方はおそらく Rでも Sでも大丈夫だと思われるのですが、ちょうど良い重さと低トルクが私には必要な様子です。 トルクだけのために Xです。 パワーヒッターではありませんので。

そして、好きな弾道の低いボールが出てくれればなお良いです。


こればっかりは、練習場ではなくてコースで、しかも他のクラブとの兼ね合いで打っていってみないと分かりませんけれども、頼りになる相棒になってくれたら嬉しいことこの上ないです。(^^)


---

追記 (4/24/2016) : 

ラウンドで使いましたが、ものすごく調子よいです。
ティーショットでも多用しまして、ドライバーは5回しか打ちませんでした。

(そのドライバーも良い感じで行ってくれましたので、2つのウッドの打った感じのフィーリングも大体合ったのじゃないかと思います。もうちょっと使い込んでみます。)



---


ところでカチャカチャついでに、DRと3Wのヘッドを入れ替えて打ってみるっていうのも実験的にやってみました。

ヘッド重量としては、スプーンの方がドライバーより 7-8g 重い感じですかね?

入れ替えて打ってみますと、マットに直置きで 3Wのヘッドにドライバーのシャフトはやっぱりちょっと長く感じますし、スイングした時の感じが若干ですが重いです。
上手く打てますと、5-10y余分に飛んでくれる感じはしますね。


逆に DRの方は、3Wのシャフトを入れますとものすごく打ちやすく感じます。
ボールが近い!
75X は 78g ありますし、トルクは 2.7で同じくらいですが、全く重くは感じません。

長さの影響は、1インチに対して 10g ぐらいが目安と聞いたことがありますが、そのくらいが良さそうな感じですね。 正確にはよく分かりませんが。

きっとMOIというやつが同じくらいになると打ちやすいのでしょうか?

ただロフトは立っているというのになぜかバックスピン量が増えて飛距離が若干落ちますねー。
いや、平均で言ったらどうかな? (笑) って言う気持ちは湧きますが、ここ一発はやはり長い (というか元の45 1/4インチ) シャフトの方が飛びますね。


スペックを決めてしまえば、あとは無用の長物ではありますが、このカチャカチャのシステム、楽しいですねぇ!



7 comments:

PING芸人 said...

ロートルクの硬いシャフトなんですね。
自分はそんなクラブで振ったら右に低い球しか出ないと思います(汗)
力んじゃって絶対まともに打てないです。

ドライバーと3Wのシャフトを入れ替えるというのは面白いですね。
いつかカチャカチャ外せるドライバー買ったらやってみます(笑)

yspz said...

僕はきちんと振れた時でヘッドスピードが92-93mphぐらい(約41m/s)なので、全然パワーヒッターとかじゃないんですけど、このへんのスペックが打ちやすく感じます。

打ってみると、全然力まなくても良いボールが出ると思いますよ。


パーシモンから同じフィーリングを求め続けてきた自分だけの感覚かと思っていたのですが、

ところが つい最近、このあたりのブログ界隈で
http://ameblo.jp/putt-greenkeeper/entry-12149070169.html
(↑ この記事はその1ですが、その5まであります。読んでみて下さいね。)


ヘッドスピード40m/s程度のスイングで飛ばす秘訣が話題沸騰になってまして、

...これでも良かったのかも。 と、安心したところです。(^^)


僕も、カチャカチャは初めてなんです。(^^)

syoball said...

ドライバーに何を求めるかですね。

インパクト時のフェース向きがわかり易いほうが安心感ありますね。

yspz said...

僕はデカヘッドでオートマに打つタイプの、ヘッドのターンを間に合わすためにフックフェースにセットされてるドライバーが苦手で、ずーっとちょいオープンフェースのドライバーばっかり使ってます。

gear66 said...

アルディラ良いシャフトなんですが、日本では流行りません。
好みがはっきり分かれますね。僕は大好きです。
なかなか入手困難なんで。。

yspz said...

もう今や、こちらでも安物シャフト扱いが少し悲しいですが、僕も大好きなんです。

このブログの方も、Aldilaが好きでいらっしゃるそうです。 
http://ykkgolf.blogspot.com/


僕の場合は、断然 NVシリーズです。
ホームページの冒頭で、弾道曲線まで描いて、「低弾道」を謳っているシャフトなんてのは、そうそうないのではないでしょうか。 高弾道が好きな方が多いですからね。

まじですごく良いです。(^^)

yspz said...

そうそう、今日も僕の友人が僕のクラブを打ってみて、「俺もこれにするわ!」とか言ってました。 NVの硬いトルクの低いシャフトです。(^^)