6/02/2016

オン・コア・ゴルフ - キャリバー (On Core - Caliber) ゴルフボール


ちょっと遠出しまして、De Anza Country Club をラウンドしてきました。

友人の George。なんと Miura のドライバーを打っています。


砂漠の中のオアシスにあります。

先日ご紹介しました、ラムズ・ヒル (ゴルフコース)とすぐ隣に位置していますが、こちらはプレイベートコースです。

気温的にはもう今時期がギリギリですね。
だんだん暑くなってきまして、今回もへばり気味でした。(^^;


---


オンコア・ゴルフから発売されています、中空金属ボールが入っているボールを購入してみました。

スピンに慣性が働き、より真っ直ぐに飛び、パットもより真っ直ぐに転がる、とかいう売り込みですが、まぁそんなこともないんだろうとは思います。

でもなかなかカッコ良いので、試してみようかと。

今年の5月3日からオンラインで発売が始まったらしいです。


クリックでOnCore Golfのサイトにリンクしています。


ゴルフをプレーしているときに中を切って見るわけではありませんが(笑)、なんか惹かれますよね?

メタル(金属) 好きの人だけですかね?




キャリバーっていう名前になっています。

コンプレッションが80で、392個のディンプルパターンで構成されています。


(OnCoreからは、先にコンプレッション65 の廉価版のアヴァント (Avant) って言うボールが販売になっていたみたいですが、そちらには中空金属ボールは仕込まれていません。 )


なんといっても、0.9インチの中空金属ボールが特徴的です。 (^^)


---


このボール、実は5年前にも私のブログでご紹介しているのですが、

MG ゴルフボール Tour C4
    ( ↑ この記事の中にOn Coreのボールも紹介してます。)


この時は、キャリバー (Caliber) じゃなくって、オーメン (Omen) って名前でした。

イベントとかメディア発表とかあったんですが、結局一般向け発売に至らなくって買えなかったんですよね。

当時の写真が私のブログ記事にあります。



こうやって写真で比べてみますと、随分改良されている様子が伺えます。

まず、中空金属ボールの径がこの時の方が大きかったようですね。
当時、お友達のtrimetalさんがコメントくださっていましたが、前回のオーメンの時にはボールの中での金属ボールの変形の問題があったのじゃないかな? と想像いたします。

実際、今回のキャリバー(Caliber) のテクノロジーのページにも、「ヘッドスピード100mphまでのゴルファーに推奨します。」と書かれていますので、コアの中空金属ボールの径を小さくして100mphまで対応可能になったのではないでしょうか?

USGAのルール適合認証は受けているんですが、PGAのプロはほぼ全員使えませんですね。



その時の記事に私が書いているのですが、元々はナノ・ダイナミックという会社が2005年にNDMXボールとして販売したのが中空金属ボール入りのボールの始まりで、そこから規格が頓挫していたのをOnCoreが買い取って引き継いだという経緯が在ったようです。

そして2011年のオーメン発表にいたり、(おそらくまた頓挫して中断)、

2013年頃にEVOってボールも発表されたのですが、



これも手に入りませんでした。

今回のNY州バッファローの若い二人のファウンダーの方たちが頑張ったんじゃないかと思うのですが、さらにもう数年が経過して、ようやく今年の5月になってキャリバーが発売になった。

ということだと思うんですよね。

ナノ・ダイナミックから数えて実に11年が経過しています!



値段も1ダース約$30ということで、1ダース$80もする高級ボールが販売され始めている昨今にしては良心的な価格設定だと思います。

無店舗販売なればこそ、っていう価格にも感じますが、実は大規模チェエーンのゴルフショップには売られていないものの、細々と小規模店舗に店頭販売されていっている様子です。


私は MG ゴルフボール Tour C4 をいたく気に入りまして、もう5年程もユーザーとしてプレーし続けている訳なのですが、このオンコアのキャリバーってボールには浮気をしてしばらく使ってみないわけには行きません! (笑)


---


届きましたら早速ラウンドで使ってみまして、報告しようかと思います。


(次ページの、「続きを見る」をご参照方。)




---

追記 (6/02/2016) :  

練習ラウンドで使ってみました。

打球音ですが、気持ち的なものかもしれませんが、より金属的な音がしているように感じました。

そして打感ですが、打った時にボールが重い感覚がしました。
硬いとは感じず、弾く感じもなく、打った時にボールが重いという質量を感じるような感じ。(実際にはボールの重さには規定がありますから物理的に重いわけはなく、打感として、の感覚です。)

曲がりにくい感じは、...どうだろう?
風の影響の方が大きいのでちょっと分かりませんでした。

飛距離としては、特に飛ぶとも飛ばないとも感じませんでした。
この辺は、もっとたくさん打ってみないと分かりません。ショットの方の出来の問題がありまして。(^^;

グリーン周りの小さいショットのスピン量としてはPro V1より少ない感じがしました。
そういう意味では、ちょっと硬い目のボールに感じましたね。

それと、パットの感覚ですが、謳い文句の「直進性が高い」ということがあったかどうか、これは今ひとつラインの読みの問題とかありますので評価が難しいですね。

ただ、パットしたときの感触はすごく良いです。なんかやはり打感が重い感じがありました。

この間のラウンドはグリーンが遅目でしたので分かりませんでしたが、カーペットで転がしてみますと転がりがとても良いので、ともすると自分が思っている距離をオーバーしてしまうほどです。 気をつけて使わないと。(笑)

カバーの丈夫さ (durability) としては丈夫な部類と思います。
ボール1個で4-5ラウンドしても大丈夫そうな感じです。(まだやってはいませんが。)


全体的には、愛用ボールの MGのTour C4 の方が好みですが、慣れるまで続けて使ってみます。




11 comments:

選ばれし物 said...

こんばんは (=^・・^=)

メタルコアボール 使ってみたいですね。
日本の入手可能か 判らないけど
使用感の 報告を楽しみに 待ってます。

ボールに 拘りが全く 無い私ですが・・。

yspz said...

6月末に日本に一時帰国しますときに、友達がゴルフに連れて行ってくれますので、3人に1スリーブづつおみやげに持っていくつもりです。
そのうち一人は確実に100mph以上のヘッドスピードを遥かに超えてますので、支障が出るかどうか楽しみです。(笑)

選ばれし物さんも、100mph超えるんじゃなかったでしたっけ?

僕はパットの転がりの方を楽しみにしています。

まぁ、大して変わんないんじゃないかとは思うんですけど、ちょっとワクワクしてます。(笑)

Green Keeper said...

ワォ、面白いボールですね。

中空金属ボールなんて、日本のメーカーは考えもつかないですね。

試打結果お待ちしてます、楽しみに!

yspz said...

Green Keeperさん、コメントありがとうございます。

来週中には届きますので、ラウンドで使ってみます。(^^)

大して違わないんじゃないかと思ったりしてますが、5年もボールは浮気していませんのでヘボ腕の私でも多少は違いを感じるかも? (笑)

まずは楽しみにしています。

選ばれし物 said...



>100mph超えるんじゃなかったでしたっけ?

日本表記では45でしょ 
 そんなに 無いです。
 

yspz said...

換算では、

45m/s x 3600s / 1,609m/mile = 100.7 mph

ですので超えちゃいますね!

ミシェル・ウィリアムズ said...

100mph以下のヘッドスピードの人に向いているという意味で、それ以上だと破損するという意味ではない思いますよ。
この前まで販売されていて現在廃盤のMA-1.0を使用しておりますが、そちらは固めの仕様でヘッドスピードが早い人も向いていると思います。本当にすごく曲がらないですよ。
あと、tour caliberというヘッドスピードが速い人向けのボールももうすぐ発売されるようだと他のサイトで見ましたよ。
http://www.pgashow.com/en/Exhibitors/1093766/OnCore-Golf/Products/861477/OnCore-Tour-Caliber

yspz said...

ミシェル・ウイリアムズさん、はじめまして。

コメントと、詳しい新情報をありがとうございます!

ラウンドして使ってみました。
良い感触なので、引き続き使ってみようと思います。
2ダース買いましたし。(おまけにAvantが1スリーブ同封されてきました。)


私は飛距離は求めておりませんので、Tour Caliberが出たらそれも試してみます。
カバーが柔らかくてスピンしやすく出来てるんじゃないかと思いますので。(^^)

yspz said...

ミシェル・ウイリアムズさん、

MA-1.0を在庫しているお店が見つかったので、こちらもダースで買ってみました。
MA-1.0の方がボールのカバーが蛍光ホワイトでより白いですね。
シミュレーターで打ってみて、Caliberよりも若干飛ぶような感じがしました。

本当に直進性よさそうですね。
スピンが良くかかると止まりますが、フライヤーになった時とか若干ダフってスピンかからなかった時に凄い転がっちゃう感じもしてます。

いろいろ使ってみて見てみようと思います。

ミシェル・ウィリアムズ said...

MA-1.0はOBなどの紛失が極端に減り、カバーも硬くとても丈夫なので、ボール代をかなり節約できますね。3ラウンドして、紛失はバンカーからホームランしてのOBのみです。ただし、アプローチやパットに繊細な感覚を持つ人は向かないかもですね。私はパーオンが増えれば満足なので、ベストなボールだと思っております。 
Tour Caliberがどのように進化しているかが楽しみです。
友人のGeorgeさんがMiuraをお使いとのことですね。
Miuraは詳しくありませんが、私はMiraiのドライバーを使っております。凄く良いですよ。

yspz said...


グリーン周りのショートゲームも含めて、色々と使ってラウンドを重ねていらっしゃる方のご意見の方が参考になりますね!

僕もしばらく使ってみたいと思っています。
何しろこれで3ダースも買いましたしね!

Caliberはおそらくカバーの素材の配合を少しだけ変えてスピン性能を改良したんじゃないかと思いますが、どうなのでしょう。


Georgeは以前もFourteenのアイアン使ってましたし、日本製品に僕より精通している感じです。(^^)

ミシェル・ウイリアムズさんも黄色いシャフトですか? (^^)