2/10/2017

なにかと巷で話題のコストコ・ボール (Kirkland Signature balls) 顛末


2/10/2017 追記: 

元々は12/21/2016に投稿した記事だったのですが、追記します。


こちらの、My Golf Spy.com の記事によりますと、K-Sigことコストコのシグニチャー・ボールは当面の間 販売が停止される見込みと発表されたそうです。

Costco Suspends Production of the Kirkland Signature Golf Ball


上記リンクの記事によりますと、こちらの「続きを読む>>」の方で書きましたように、Nassau Golf の Quattro というモデルのオーバーランをコストコが買い取り売りに出したもので始まったようで、今後は見通しが立たない様子です。

(こちらは私見ですが、なんかね、出来上がったボールに更に塗装かけたような感じしてたんですよ、記事にも書きましたが。)


コストコの方は、こちらの記事にありますように、“コストコ・シグニチャー・ボールは戻ってくる。”って言ってるそうですが、

Costco says golf balls will return

My Golf Spy.com の記事にありますように、Nassau Golf がやる気なさそうですので復活したとしても中身は別のボールになりそうです。

そして My Golf Spy.com が予想しているように、2ダースで$29.99という低価格での提供が前提ですと、どこまで良いボールが入手できるか? という点から見れば、この話は終ったも同然、という読みは正しいように思います。
(K-Sigに「RIP (安らかに眠れ)」マークまで付けちゃって、洒落が利いてますね。)


製造元の場所的にはこんなこっちゃないかな、とは思ってましたが・・・


一応続報が出たらまたレポートしようかと思います。


------------------------------------------------------------------------------------


タイガーの久々の復帰にゴルフ界が沸いていますねー。しかしながらナイキがゴルフ用具ビジネスからの撤退を発表したということで、タイガーが何を使うのかひとしきり話題になっていまして、今回ドライバーがテーラーメードのM2、ウッド類はM1、アイアンはまだナイキ、そしてタイガーが使うボールはなんとブリヂストンのB330Sということが判明しました。

ブライソン・ディシャンボウの使用球もこちらだそうです。

タイガーがなんかすると一気に話題になるっていうのは、やっぱりすごいですね。


---


さて、そんな中 私の友人たちの界隈では以前から特定のゴルフボールは売っていたコストコから、コストコ自社ブランドのボールが出て、しかもこれがものすごく評判がいい、ってことでちょっとした騒ぎになっていました。

登場して間もなく11月中頃には在庫切れ、手に入りませんでした。
11/21に再入荷、Costoco.comで入手できますってことだったのですが、12/09 現在 未だに在庫切れを起こしている様子です。 Costco店舗にもまだありません。
ちょっとすごい旋風ですね。


どんなボールでどんな風に評判が良いのか、どんな性能なのか、って言いますと、ブログお友達でロンドンにお住まいのYutakaさんのブログに日本語で分かりやすく紹介されています。

コストコのKirkland Signatureボールは Titleist Pro V1 に勝るとも劣らない // MyGolfSpy


リンクを貼ってご紹介なさっていますけれども、MyGolfSpy.comの記事をご紹介くださったものです。


Kirkland Signature (vs) Titleist Pro V1 // MyGolfSpy


MyGolfSpy.comの記事の結論としましては、ゴルフ界で最も人気が高く評価も高いタイトリストのPro V1と比較して複数人のテスターが打ったデータを比較したところ、

ドライバーではほんの少し300rpmほどスピンが少なく、9yほど飛ぶ
6番アイアンでは、スピン量、飛距離とも同等
ウエッジのショットでは、200rpmほどスピン量が多く飛距離は同等

と、いうことで、ほぼ同じ性能が出ている、ということでした。


違いは、Pro V1が3ピース構造に対して、Signatureは4ピース構造、

そして最大の違いは、Pro V1が1ダース $48に対して、Signatureは $15、っていう値段の差ですね。
いつものコストコならではの高性能・低価格の戦略商品です。


~~~


ここまでが前置きで、このボールを超個人的な感想でもってレビューをしてみたいと思います。

・・・私が打ってみた感触とかを書いてもあんまり参考にはなんないかも、とは思いますが (笑) ...それはさておいて。


こちらが入手したスリーブです。

画像をクリックで拡大します。


1ダース $15 っていうのは、「相当」ってことで、正確には 2ダースで $29.99なんですよね。
試してみるのに 2ダースは要りませんので、すでに購入していたお友達にSrixonのボールと物々交換で 2スリーブ分けてもらいました。(笑)


ちなみにですが、KirklandっていうのはCostco最初の倉庫店舗がシアトルで、シアトルから湾の向かいっ側の街がKirklandです。

ウレタンカバーらしいんですが、ボール表面的には Pro V1 とかよりもやや硬く感じます。
種類の違うウレタンなのでしょうか。

そのせいかどうか、耐久性も申し分ないってレビューを書いている人が多い印象です。


私が 1.5ラウンド使ったボールがありますので、写真を載せてみます。
木にぶつけたり、カート道に跳ねたり、まぁそういうゴルファーが使ったものとご承知ください。

画像をクリックで拡大します。

こっちの傷はパー5の2打目で跳ねたカート道かな?
(ラウンド終わってからボール洗ったんですけどね。)


画像をクリックで拡大します。

こちらは両方とも、木にぶつけた時の傷じゃなかろうかと思います。
小さい方が、枝をカスって抜けていったショットの時の方じゃないかと思います。

いつも赤マジックでマーキング入れているのですが、そのマーキングが擦れて消えやすいボールの表面でした。ラウンド中に 2度ほど塗り直し。

2スリーブ 6球持って行ったんですけど、結局ラウンドではこのボールしか打ちませんでした。 3つでローテーションとかせず、1個を使い倒し。

写真を今になってよく見ると、白い色が微妙に剥げているのがわかります。
最表面は塗料が塗られている「かも」しれませんね、4ピース構造の上に。


チップショットやアプローチショットなどでのウエッジで打った時のスピン量ですが、今回はあまりピンと来ませんでした。

私はMG ゴルフの Tour C4っていうボールを愛用しています。
今のところTour C4の方が柔らかくてスピンが効くような印象を受けてますが、スピン量を測って打った訳ではありませんので、不確かかもしれません。

行ったゴルフ場が苦手のKIKUYU芝で、気の利いたスピンのショットをあまり打てなかった私の技量の問題も大いに影響していたかと思います。

ですからこの点は、次回以降に持ち越しいたします。(機会がありましたらあとでこの記事に追記いたします。)


ドライバーの飛距離および弾道につきましては、私の実力ではとても 1ラウンドで違いが感じられるような感性を持ち合わせておりませんので、これも持ち越し。 (すみません。)

パッティングした時の、パターにカツンと当たる時の感触は悪くありませんでした。
結構ソフトな感じだったと思います。



(ちょっとこの続きは、「続きを読む>>」の方で。)



---

さて、このボールをOEMでコストコ用に作っているメーカーはどこなの? って思いますよね。

韓国の、Nassau Golf Co. Ltd っていうメーカーだそうです。

私は存じませんでしたが、どうやらヨーロピアン・マーケットとかでは何種類かのボールを販売していたようですね。


こちらの、Nassau IF Pro Cyber っていう最高級仕様のボールの後継で出たNassau Quattroっていうモデルが、今回のCostco Signatureの正体の様です。

クリックでNassauのページにリンクしてます。


そんなボール、こんなに安く出しちゃって良いのでしょうか??

米国の消費者にとっては、性能の良いボールが安く買えるのはとてもありがたいことだと思います。


私ももうあと 2-3ラウンド、このボールでラウンドしてみまして、後々に少し追記をしてみたいと思っています。


ーーー


12/21/2016 追記:

ドライバーはともかく、チッピング練習場へ行ってチップショットならびにピッチショットでのスピンを比べてきてみました。

50-100yぐらいのショットでは良くスピンが聞いている印象でしたが、10歩 〜 30歩程度の小さいショットでは様相が違っていました。

特に10-18歩くらいの小さい方のショットで、明らかに Pro V1や私愛用の Tour C4のような距離では止まりません。
計測はしていませんが、スピン量が小さいものと思われます。
TitleistのNXTと同じくらい転がりますね。

それと、打ち方の問題もあるかもしれませんが、Pro V1や Tour C4より出だしが高く出る傾向にあると感じました。


とりあえず書いときますが、私の腕での感想はあまりあてになりませんのでその辺りは念頭に置いておいていただきたいと思います。(^^;




10 comments:

Green Keeper said...

ProV1の良さは知っていますが使っていません。
もっと打感が柔らかく飛ばしたいから、とPHYZを使ってますが、先日ロストボールに遭遇。

これを打ったところPHYZ以上の飛び、偶然かも、ですが(笑)。

迷っていたところこの記事に遭遇。

コスコは遠いんで今度行ったら探します。
以前、SNELLを紹介頂いたと思います。
SNELLは日本でも使ってる方がそこそこ増えてきてます。

久し振りに覗かせて頂きました。謝謝!

sam said...

私もある方からいただいたKirklandボールを先週のラウンドで使ってみました。心なしかドライバーのボールが高く出、飛距離もでていた気がします。よい感じでしたよ。今週のラウンドでも再度使ってみます!

GOLF 103 said...

こんにちは。ついにKirkland打たれたんですね〜。

熱可塑性と熱硬化性ってどっちがどっちか忘れましたけど,いずれにしろタイガーが選んだブリジストンのボールと同じタイプのウレタンなんですかね。Nassauの話は知りませんでした。

そうそう,私事ですが,ロンドンから日本に戻ってまいりました。

yspz said...

Green Keeperさん、こんにちは。

今週、極寒のミネソタに来ておりました。
華氏温度で0度Fの世界、なかなかすごかったです。


Pro V1は人気があるだけのことはありますよね。
僕はMGのTour C4ですが。(これはテキサスで作っていて日本では入手難しいかもです。)


日本のCostcoで入手できると良いのですが、...どうなのですか?

yspz said...

Samさん、こんにちは。

みなさん良い感じだとおっしゃいますね。

そのある方は、親切なある方からいただいたようです。(笑)

Samさんがもっと飛んだら、飛びすぎのトラブル増えちゃうかもですよ!(笑)

yspz said...

Yutakaさん、こんにちは。

記事、引用してご紹介させていただきました。ありがとうございます。
日本に帰国なさったのですね。良いなぁ。(^^)

いつも記事楽しみに拝見させていただいております。

細かいお話ですが、Sharpie(マジックインキ)が落ちやすい、という点はPro V1と大きく違います。Pro V1はどっちかというと染みこんでいく感じ。マニキュア落として落としても染みこんだ色が残る感じです。
Kirklandの方は、使ううちにつるんと取れてしまいますので、努めてディンプルの中に塗らないと。

Green Keeper said...

Dさんの調べによると、日本国内では販売されてないんだそうです(泣)。

→http://ameblo.jp/pingman1959/entry-12230794173.html

誠に残念です。

D said...

皆様こんにちは、Dです。
Yutakaさん、リンク貼らせて頂きました。

ウレタンでもやはり種類があるようですね。

カークランドがNXTのスピンであれば相当手前にランディングさせる感じですね。ちょっとジャンルが違うボールのようですね。

私は、TOUR PREFERRED Xですが、
Babbaが
http://www.volvik.com/golf-balls/vista-iv.html
これを使うかもしれないというので気になっています。

yspz said...

Green Keeperさん、

もし良かったらDrected Forceグリップと一緒にお送りしましょうか? (^^)

私の周りではすごく評判が良いです。

yspz said...

Dさん、私のリポートはあまりあてにならないと思ってください。

NXTぐらい転がっちゃうと感じたのは24歩以下、10数歩ぐらいの本当に小さいチップショットだけです。
マジックも取れちゃうんですけど、表面のすべすべ感はあるんですよね。

逆にKick Xってボールは表面のペタペタ感がすごいです。

Pro V1とTour C4ぐらいが好きです。