7/26/2016

PRESS GRIPS (プレス・グリップ) その2


一つ前の記事のフォローアップです。


前記事の写真のこれを、

画像をクリックで拡大します。


20数年前に買って持っていましたパター、ティアドロップ社の TD-21 というパターにセットしてみました。

現在のエースパターに試してみたかったのですが、せっかくバランスもとってあって調子も良いですからグリップも何も変えたくなかったのと、もう 1本買うにはキャメロンはちと高いので、TD-21 にはめてみることにしました。

とりあえず、こんなかんじです。

画像をクリックで拡大します。


TD-21 というパターは、その昔にビンテージのオールド・ピンANSERを愛用していたフレッド・カプルスが一時期使っていたパターなんです。

基本スペックは、PING ANSERとほぼ同じスペックで、フェースの縦方向に緩いバルジが付いています。  パター・フェースの上の方で打っても下の方で打っても、安定したボールが出るようになっているというコンセプトのほんの少し変わり種のパターです。
ヘッドはニッケル製で磁石によく付きます。

感触も良いですし、ANSER型で構えやすいですし、コンセプトが気に入っていて、ずーっと持っていました。 (たまの室内練習ぐらいにしか使っていませんでしたが。)


パターのことはさておき出来上がりですが、上の写真でみましてもグリップの向きとは違う向きにシャフトが斜めに出ているのが見えるかと思います。


グリップの中のシャフトの内部には、私のエース・パターと同様に、100gのカウンター・ウエイトを仕込んであります。

クリックで過去ログの記事にリンクしています。


グリップ自体が普通よりも約40-50g程度重いのでちょっと重すぎかな? とも思いましたが、使ってみたら大丈夫でした。 ヘッドのウエイトではありませんでグリップの中ですからね。



構えた時、上から見た感じはこういう風になります。

画像をクリックで拡大します。


ちょっと写真のとり方の角度が難しくて、ちょっと見えにくいかもしれません。
無理矢理にグリップを写真に入れましたのでね。

実際に自分が構える分には、グリップは殆ど視界に入らず、パター・ヘッド、ボール、そしてカップが視界に入っていて、目の焦点は地面の高さですので余計にグリップは目に入りません。

そういう訳でシャフトが斜めに入っていてもストロークの際には特に違和感は感じません。


一方、パターそのものを外観としてみますと、けっこうな違和感があります。

これも見る角度によるのですが、例えばグリップがパターフェースとちゃんと垂直に入っているかを見てみようとしますと、

画像をクリックで拡大します。


グリップ基準で眺めますと、こんなに曲がって見えます。

グリップの楕円の比較的平らな面とパター・フェースはどうやらオフセットの位置でですが垂直に入っている模様。(確認しにくいです。)


シャフト基準の位置に近づけて見ますとこんなかんじに見えます。

画像をクリックで拡大します。


まぁいずれにしましても、パッティングで構えた際にはグリップは視界に入りません。

グリップ上面に平らな面もありませんしね。


それから、肝心のストロークの際ですが、手に伝わる感触は悪くないです。

通常のグリップは、むしろ楕円部分が縦に来ると思うのですが、こちらのグリップは楕円が横です。
この部分に最大の違和感があるかな? と考えていましたが、そうでもありませんでした。

むしろ、右手の感覚としては開いたり閉じたりせずに操作しやすい感じ。
左手のグリップにもう少しリストをロックした感覚が欲しいな、とは思いましたが、許容範囲でした。 かえって左手でもこねくり回せなくて良いかもしれません。

フォワード・プレスをした形に構えることになるわけですけれども、私の場合は既に元々かなりフォワード・プレスした位置でグリップを構えています。
このグリップにしますと、グリップの位置がちょっと中に入って体の中心に寄りますので、少しばかり動きに自由度が出ますので、その分が「もう少しリストをロックした感覚が欲しいな」という感覚になったのかもしれません。

でも、自由度が出る割には押し出したり引っ掛けたりはしにくいようだと感じました。


結論的に言いますと、非常に気に入りました。


エース・パターのキャメロンのピストル・グリップを入れ替えるほどかといいますと、プレーしたのがまだ 1ラウンドではそこまでのジャッジは出来ませんですね。

基本的には現在のグリップの方も非常に気に入っていまして変えるつもりがないのに、新しい道具に対する興味が先立っての体験・実験ですので、まぁ変えないとは思います。

ショートパットに悩んでいるわけでも、ロングパットに悩んでいるわけでもありませんので、こういった感想になってしまいましたが、このグリップをとても良いと感じるゴルファーも数多くいらっしゃるんじゃないかな、と感じました。 とても良いと思います。

Edel パターのグリップも断面が円形だそうですけれども、グリップ上面の平らな面は要らないような気がします。


すこし違った状態のグリーンでも試してみたいと思いますので、しばらく併用して使ってみようかと思います。

それと、友人たちにもちょっと打ってみてもらって感想を聞いてみようかと思います。 (^^)



7/20/2016

PRESS GRIPS (プレス・グリップ)


いやー、第145回 Royal Troonでの 「The Open」、見応えありましたねー。

かねてより素晴らしいボール・ストライカーとしてツアー仲間からも定評のあったヘンリック・ステンソン。

画像をクリックでリンクしてます。


帽子の黒いリボンは癌と闘って亡くなってしまった友人を悼んでのものだそうです。

どのショットも気迫がこもっていて、特に最終日のパッティングは神がかっていました。
18番のバーディーなんか、カップの後ろから入りましたもんね。


でもって最終日をステンソンとの一騎打ち、ふたり旅で戦い抜いたフィル・ミケルソン。

画像をクリックでリンク先のゴルフダイジェストの記事に。


帽子をバインダークリップで止めていました。
写真で見えますでしょうかねー。 こんなやつ。(笑)  ↓

画像をクリックでリンク先のゴルフダイジェストの記事に。


こちらGolf Digest にわざわざ記事が書かれていました。

Why in the world does Phil Mickelson have a binder clip on his hat at the British Open?

内容読みますと、「見た目が酷いのは分かってるけど、こうすると帽子落ちないんだよ。」っていうことらしいです。 フィルらしいといえばフィルらしいです。 散髪もしてないっぽいしね。 だから風吹くと脱げやすいんだと思うけどなー。 (笑)


フィルはここのところずーっとクロー・グリップでパットしていましたが、このジ・オープンの最終日、12-15番ホール、そして18番ホールでは、通常のグリップに戻してパットしていました。 
長いのも短いのも、です。

スパッとイメージとフィーリングで変えちゃうんでしょうね。

これも、とてもフィルらしいと思いました。


---


さて、本題のグリップです。

今回試そうと思っているのはこちらのグリップです。 PRESS GRIPS (プレス・グリップ)。

画像をクリックで拡大します。


流行りの Super Stroke などと同様に、太さは上から下までテーパーが付いていなくってほぼ寸胴のストレート。
断面は楕円形です。

通常のパターグリップにある、グリップ上面の平らな部分が無いのが特徴の一つです。


でもって、下側から覗いてみますと、2つ目の特徴も見えてきます。

画像をクリックで拡大します。


シャフトの入る穴が、右側に寄って写っていますね。
断面はまさに楕円です。


そしてグリップエンド側。

画像をクリックで拡大します。


小さな空気抜きの穴が空いていますが、シャフトが入る側の穴と反対側にあります。
(ちなみにグリップの下にあるボールに見えているロゴは、2009年のBethpage Blackで行わました US Open のロゴボールです。)

PRESS GRIPSと刻印されているのが見えますでしょうか?

この向きでグリップに挿して使うんですよね。
ですから、普通のグリップとは違って、横に平べったい形をグリップすることになります。

通常のパターグリップのような上面の平らな面はないのですが、まぁ上側は (下側も、ですが) 平べったい感じですね。


穴の位置が反対側ですから、シャフトはこのように斜めに入ることになります。

画像をクリックで拡大します。


この3つ目の特徴がこのグリップの名前の由来で、フォワードプレスした形に傾斜してグリップにシャフトが入るという寸法です。

そして4つ目の特徴としましては、このグリップは通常のグリップと比べますと2倍近く重くて、約100g近く重量があります。 グリップだけでカウンター効果があるわけですね。



このグリップは実は、Dさんというお友達の方から以前教えていただいた、Derected Force Putter にデフォルトで使われているグリップです。



自然にフォワードプレスの形でインパクト出来るように作られています。


このパターがまたすごいんですよ。

こちらのビデオを見て頂ければ一目瞭然なのですが、ライ角バランスと言ってパターを打つように構えたライ角の角度でバランスするため、ストロークの際のパターヘッドの動きが自然にバランスしてくれて安定する、というシロモノです。



曰く、フェース・バランスのパターは振り子式のストロークに向いているというが、実際のところパターはフェースを上に上下に振るわけではない。
その上下の向きには安定しているものの、いざライ角に構えて振ってみると...、パターヘッドが面白いくらいぐるんぐるん暴れます。

しかしこのパターなら、極端な話グリップを持たなくてもヘッドが安定してストローク方向にパターヘッドが向き続けています。


と、言うわけですが、私自身はこのヘッドの形に馴染めそうもありませんで、目標を向いてパターをセットする、という大前提の時点で上手く行きそうもありませんでしたので、このパターはまだ買うつもりはありません。

でも、このグリップには沸々と興味がわきまして、オーダーし、待つこと約1ヶ月くらい。

開発者のクラッシーさんの奥様から直々にお電話をいただきまして、さらに待つこともう1ヶ月。
2ヶ月はかかりましたが、グリップだけの調達をしていただきました。


と、いうことでこのグリップを私のパターにセットしまして、効果の程を確かめてみたいと思います。



7/16/2016

2016 The Open (全英オープン) at Royal Troon 途中経過


The Open中のこちらのニュース、くだらなさ過ぎて笑いました。





IMPORTANT BRITISH OPEN NEWS :  Darren Clarke dropped his gum and then ate it again.
全英オープン重大ニュース: ダレン・クラークがガムを落とし、それをまた食べました。

The 2011 Open champion was putting when the gum dropped from his mouth. After examination, Clarke invoked the R&A’s Rule 5.0 and popped it back in his mouth. Good thing the gum didn’t hit the ball, or we’d have ourselves a hell of a rules mess.
2011年全英オープン・チャンピオンは、ガムを口から落とした時パッティング中でした。 調査の結果、クラークはR&Aの5秒ルールを行使し、口に戻しました。 幸運にも落下したガムはボールに当たりませんでしたが、さもなければ我々はルール上の混乱に陥っていたかもしれません。

Never ever forget golf is serious business.
ゴルフは厳粛なスポーツであることを決してお忘れなく。


まぁ記事としては茶化して書いているわけです。 5秒ルールっていうのは日本の小学校でも言われていた地域はあろうかと思います。 米国でも言われてますから、英国でもどこでも同じなんですね。


放送でも、「Agh, disgusting! (うへっ、気持ちわる!)」とか言われちゃってるんですけど、

・・・大真面目なお話(serious business)しますと、グリーンに落としたガムは口に戻さない方が良いです。

木製のティーを咥える方も時々拝見しますが、あれも含めまして、ゴルフ場では除草剤や農薬が使われているケースもあります。 微量でも口に入れるのは危険な可能性もありますのでご注意下さい。


---


それにしても、面白いですねー、リンクスでの The Open。

ボールの転がりがすごいですし、風も強くて、低いボールで攻める週末が観たいです。


序盤のホールがずっと海際、TVによく映えます。
しかしこの線路沿いの 11番もなかなかです。

画像をクリックで拡大します。


ティーショットをちょっと右に曲げて風が吹くと、線路に打ち込みかねません。
写真は、アイアンで打ったのに右へ行っちゃったよー!の手旗です。

ご丁寧に弾道まで分割画面で出されてて笑っちゃいました。


でもね、ボールは幸いにも助かりました。

画像をクリックで拡大します。


風が強くなくって助かりました。


ということで、公式サイトからコース図をリンクします。

クリックで公式サイトにリンクしてます。


私がこのホールをプレーしたら、それまでドローを打っていたのに突然スライスして線路に打ち込んじゃうんだろうなー。(笑)


いつかプレーしてみたいですねー。




7/10/2016

MLAパター続報2 (The follow up entry about MLA putter vol.2)


追記 (7/11/16):

マレット版ですが、MLAパターがまたもや3位、5位、11位に入賞しています。
   ↓
2016 MOST WANTED MALLET PUTTER

Multiple Line detector Activation」、マジでなにか良い影響が出るようですね・・・。


---


This entry is to follow up about MLA putter continued to the following posts.
こちらは前回・前々回のMLAパターの記事のフォローアップになります。

Here are the previous entries,
以前の記事はこちら、


スイスから来たパター : MLA ツアー・クラシック ( Putter from Switzerland : MLA Tour Classic )
MLA Golf から、脳に直接話しかけるパター


I actually chose 35 inches which is my favorite length on my putter, but most of my friends likes and uses either 33 inches or 34 inches length on their putters.  .
最初は個人的に好んでいる 35インチの長さのものを選択いたしましたが、友人のほとんどは 33インチまたは 34インチのパターを愛用しています。

Therefore,  I've decided to modify the length of this putter to 33 1/2 and let my friends to try it out as many friends as possible. Even for me, it might be the right set up with this face-balanced putter which is new to me.
そういうわけで、できるだけ多くの友人が試し打ち出来るように長さを 33インチ半に調整することにしました。 私にとってもフェースバランスのパターは使い慣れていませんから、もしかしたらこのパターでの正しいセットアップになるかも知れません。

And also I've inserted the 50 grams Counter Core weight that I've introduced before for the better feel and balance with the heaviest heel-and-toe weights (15 grams x 2) on sole going with the shorter length.    .
もうひとつ、以前ご紹介しました 50g のカウンター・コア・ウエイトを装着いたしました。 短くなった長さとバランスするためにソールのヒール・アンド・トゥのウエイトを一番重い15g x 2 を入れて、カウンターでフィーリングが出やすくするためです。


Click the picture to enlarge
画像をクリックで拡大します。


It turned out that the friend I mentioned in the previous entry had 33 inches putter although he is a tall guy at 6-3 high. He thought he has 35 inches putter. Lol
以前の記事で書きました友人も、35インチかと思っていたらしいのですが33インチを使っていることが判明しました。188cmくらい身長があるのですけどね。(笑)


The putter now looks like this with Counter Core,
カウンター・コアを装着したパターはこんな感じです、


Click the picture to enlarge
画像をクリックで拡大します。


I did not understand that why almost everybody likes shorter putters. However, I could image that the shorter putters are easier to accomplish the perfectly pendulum stroke in straight line to the cup.
なんでほとんどのみんなが短めのパターが好きなのか私には分かりませんでしたが、おそらくストレート軌道の振り子式パットをしようとすると短い方がやりやすいのかな、とはイメージできます。

And this MLA putter should be a perfect fit for that type of putting stroke.
そしてこのMLAパターは、そのタイプのストロークをするには持って来いです。


At least 4 of my friends really likes the look of this MLA putter already, and really interested in how it performs for them in their golf rounds after listening to my explanation. Only one of my fried did not like the outlook.(It's you, George! Lol)
少なくともすでに友人のうち4人はこのMLAパターの見た目も気に入っていて、ラウンドで使った場合にどのくらい良いか興味津々です。 一人だけは見た目含めて気に入らないと言っていました。 (ジョージ、君だよ!(笑))


Anyway, I believe the next entry about MLA putter would be the putter review after the round of golf.
そういうわけで、次のMLAパターに関する記事は、ラウンド後のリビューになると思います。

Stay tuned!
乞うご期待!


7/02/2016

クロ狙いのトライアル


お友達のSyoballさんが、クロさんという方から教わった距離を打ち分けるアプローチショットの方法を、「クロ狙い」と名づけて紹介されていました。

クロさん方式の狙いかた
クロ狙いの仕組み?


どうやるか?っていう本当のところはリンク先を見ていただきまして、そしてあちらで聞いていただくといたしまして、私なりの解釈で実験してみました。


画像をクリックで拡大します。


写真を撮る時にボールを置くの忘れました。

打ちたいところをクラブで指してから打つと自然とその距離に打てる、という方法論です。


syoballさんのブログの方に、

クロ狙いのメカニズムは、自分の脳、特に小脳と脳下垂体部分にに「あそこへ打つんだよ。」と言い聞かせてビジュアル化することに拠って、振り幅の調整を「意識」ではなくて「無意識(潜在意識)」に任せることで上手くいくのだと思います。

D-Chopが錯覚の上でパットの距離感で打てるのと似た感じかと理解しています。

このようにコメントさせていただいたのですが、芝の抵抗によって転がるスピードの変わるグリーン上のパットとは違って、空中を飛ぶショットの場合は空気抵抗ですから風が強くない限りどこのゴルフ場でも似たような距離が打てると思いますので、完全に感覚に頼ったいわゆる「ゴミ箱方式」の距離感をうまく使えれば成果が出るように思えます。

ゴミを丸めてゴミ箱に投げ入れるとき、練習する人いませんけどだいたい距離感は合うよね、っていうあれです。


クロ狙いの優れていそうなところは、自分の脳にこれからすることを具体的なイメージで言い聞かせることで、潜在意識に仕事をしやすくさせてあげることができる、ということだと思います。



正しい方法が syoballさんのブログの方にも書かれていないのですが、私なりのアレンジで行ってみました。


上の写真を見ていただきますと、いくつか気がつくことがあります。

  • クラブで打つところを指すのですが左手だけでクラブを持って目標を指しています。これで良いのかどうかよく分かりません。
  • 自然現象ですが、目標をクラブで指すときに下半身ならびに体全体がインパクトのイメージになっています。
  • 写真で後から見ますと、本人が記憶しているよりもクラブシャフトが上方を向いているように見えます。
  • 右目で見るのと、左目で見るのと、指している位置が違うところに見えます。両目ですと二重に見えますね。目標とクラブヘッドは離れていますので両目で同時にフォーカスすることはできません。

いくつか打ってみましたが、最初からビシビシ決まるという訳ではありませんがなかなか好印象です。
特に、なにも準備のない1球目がまずまず思ったところでした。



クロさん本来の正式のやり方は分かりませんが、私としては...

  • まず狙った位置を左手一本で持ったクラブで指す。
  • そして、その目標の位置に意識を強く持ちながら打つ時のイメージで素振りを一回。
  • ボールにセットして、そのままのイメージで打つ。
  • 目標を指してイメージを強めた後、その後の素振り一回を含めたプロセスはマッスルメモリーの消えない 3秒以内に行う。


ということで、レンジでも打ってみました。

画像をクリックで拡大します。


なんで写真で見るとクラブが思っていたより上方を指しているんでしょうねー。

目の位置からクラブの先端を見下ろしているので延長線上が下方へ向くから、目標にクラブヘッドを合わせると、後ろから写真をとった時に上を向いちゃうのかも?

そのそも、シャフトを向けるのか、クラブへッドって言ってもシャフトの付け根のヒール辺りを向けるのか、クラブのトゥ辺りを合わせるのか、ちょっと漠然としたままやりました。


で、まずは距離も測らずに打ってみました。

そこそこ、狙ったところに飛んでくれますねー。(^^)

使ったクラブは 47度の PWです。

弾道はかなり低めでした。目線のイメージで打っていますから低めの弾道が良いのだと思います。

LWや SWですと、出だしで視界の上にボールが消えるほど高く出ますよね? 
あれだと、距離のイメージが上手く出ないんじゃないかと思います。

低めに打とうとしていないのに低い弾道で出たのは潜在意識がそうしたかったからだと思うのです。
打ち方とかもまるで考えずに素振りしてそのままのイメージでボールをセットする位置もなにも考えずに打ってみたんです。


打った距離をレンジファインダーで測ってみますと、目標まで 72yでした。

70y前後は、普段は 54度の SWで 10時半の 76yとか、50度の AWで 9時の 69yとかを使って打っています。
私のPWは、7時半 54y、9時 81y、10時半 108yの目安で使っておりますので、普段は 72yには使いません。

しかしその割にはだいたい良い距離で行くものだなぁ、と感心いたしました。


まだマスターしていないのに言いますが、この『クロ狙い』という方法は、非常に優れた方法論だと思いました。
いわゆる Visual Recognition というやつで、人間の脳にとっては具現化された視覚的なイメージというのは的確に情報処理しやすい素材なんですよね。


距離が判明した後、何球か打ってみましたが、傾向としては目標位置がキャリーで最初にバウンドする位置になるような感じです。
何回も打つと、ズレるときはオーバー目にズレる確率が多そう。

クラブで指している位置が後ろから撮った写真で見るとやや上方を向いていることや、私自身はランも入れたトータルの距離で目標までの距離感を考えることが多いことも鑑みまして、クラブのトゥの辺りで目標を指すのがよいかもしれないな、と思いました。

それと、私は利き目が左目なのですが下方修正する方向で考えますと、『クロ狙い』に関しては、右目で合わせた方が結果的な距離が合いそうな気がします。

左右へのズレも含めまして、セットアップに関しては今後も色々と検証してみてアレンジ・微修正していってみたいと思います。