10/23/2009

ドライバーのリシャフト (←またですか! (^^;)


「キャロウエイ X460 Tour ドライバー w/アルディラ・シャフト」
という記事の、フォローアップです。


簡単にまとめますと、前回の記事では、

X-460 Tour 8.5度 アルディラNV65S 46インチ
X-460 Tour 9.5度 アルディラNV75R 45インチ

の2本を入手して、打ち比べることになっていました。

コースで打ったのは、先日の「ラウンド記録(ロスト・キャニオンズの2)」
で8.5度NV65Sの方を使ってみたのみで、あとはドライビング・レンジで打っての感想です。

78gと重めのNV75Rシャフトにして、重いが硬くない、しっかりしたシャフトにしたらどうなのだろう?っていう考えがあったので試してみたわけですが、結論から言いますと、想像と少し違っていました。

スイング・スピードを抑える感じで、力まずしっかりと打ったときにはとてもいい感じで撓りも感じながら振れていいボールが出てくれるのですが、「むんっ!」って力が入ってヘッドスピードが上がってしまったようなスイングになったときに右にフェードアウトしていってしまうので、これは安心して使えないな、と思いました。
今までのドライバーでなら、図らずも距離出ちゃったなぁーっていう打球になってくれるような当たりをしたときに右に出るのは、私的にはNGなんです。(^^;


8.5度のヘッドでNV65Sの方は、46インチで私としてはちょっと長尺に挑戦、って感じになります。

こちらは、よく飛んでくれますし長さを感じないくらい振りやすいのですが、若干左右への散り幅が広がってしまうように思います。
8.5度のロフトはけっこう好きな高さでスピンが少なく出て行ってくれるみたいな雰囲気がして、悪くありませんが、ふと気を抜いて打ったときの左右への散り方が不安要素になってきてしまいます。
もう少し使い込んでみようかな、とは思ったりしていますが。



まぁ、そんなこんなで、打ちなれたFT-3のヘッドにアルディラNV65Sの46インチを試してみたくなってきますよね?

・・・ってか、試してみたくなりました。

あれ、待てよ?

FT-3にアルディラNV65Sって、以前FT-3の中古の在庫がまだ品揃え多かった頃にけっこう見かけた組み合わせじゃないのさ!
・・・なんて思ったんですが、今となっては後の祭り。 近頃はいつも行くお店ですとFT-3の9.5度を見付けるだけでも至難の業になっています。

まぁ、FT-3の9.5度を持ってる人はみんな気に入っちゃって中古市場に出て来難いのだ、と都合よく解釈して、ここはひとつ。

仕方がありませんので、eBayで探して買うことにしました。
手持ちにFT-3のヘッドのクラブは2つ持っているのですけれど、1本はエースですし、もう1本はJavln FXを挿れたドライバーですので、これもまだリシャフトしたくないので。(笑)



これは、なかなかいい感じのプロトタイプヘッドのFT-3です。(^^)
ドローバイアスの表示がちょっと違うんですよね。
これをポチって、リシャフトしました。

売りに出ていたときは、グラファロイのPro Launch (blue) S65が挿さって居たのですが、到着後即リシャフトです。

Pro Launch (blue)もけっこう好きな部類のシャフトなのですが(笑)、初心貫徹、初心貫徹。(笑)

FT-3ドライバーヘッドの弱点は、抜いたシャフトを有効利用できないところですね。
熱でヘッドのグラスファイバー&樹脂部分がやられてしまいますので、シャフトをばさっと切ってドリルで彫って除去しなくてはならないのですよね。



46インチ仕上げです。 んー、いいですわー。(笑)

今のところ、レンジで打っただけですが、長さはX460 Tour同様、さほど気になりません。

弧が長いからヘッドスピードが上がるというよりは、長いなら長いなりに振れてくれるのでタイミングが気持ちよく入ってくれる、っていう感じです。
やはり慣れたヘッドに慣れたシャフトですので、ミスはしたとしても思わぬ打球が出る確率はぐっと下がって安定してくれます。


フィーリングがとても良かったので、ついでに青のディアマナ・シャフトを短くしすぎていたエースドライバーの方も1インチ伸ばしてもらいました。 45インチ1/2です。
Javln FXが45インチですから、1/2インチ刻みで3本持ってることになりました。


コースで試すときが楽しみです。(^^)


8 comments:

Anonymous said...

仕上がってきた感じで、うらやましいです。

Posted by:Uすけ at 2009年10月23日(金) 21:48

yspz said...

Uスケさん、こんにちは。

こんだけ買って リシャフト、リシャフトするなら、FT-9買えるんじゃないの?
って、自分でも思いますが(笑)、

好きなんですよねー、このドライバー。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年10月24日(土) 00:14

Anonymous said...

同じヘッドのスペック違いが3種類だなんて羨ましすぎ
レンジで数球打つたびにシャフト交換する手間が要らない
お気に入りヘッドのi-MIXみたいなものですね
ebayで何度か入札してるんですけどなかなか2本目がうまく入手できません

で・・・少々混乱してるんですが
現在お持ちのドライバーは何が何本なんでしょう?

Posted by:ひゃっぽ at 2009年10月24日(土) 13:48

yspz said...

ひゃっぽさん、こんにちは。

実はFT-3はもう1本、ディアマナの赤を挿れたやつが日本に置いてきてあります。(笑)


今お持ちのは、上記FT-3が3本、全く使わないFT-5(青マナ63S)が1本、旧型フュージョン(NV65S)が1本、グレートビッグバーサ8.5度が1本(トゥルーテンパー。で、これは日本にももう1本あります)、それとパーシモンの本間Extra90(スチールシャフト)が1本です。
あと、日本に、ウォーバードが置いてきてあります。

で、こないだ買ったX460 Tour(NV65S)が1本残してあって、NV75Rの方は、お店に返しました。
残してある方も12月半ばまでに返すかもです。

まぁ要するに今まで使ってきたドライバーが残っているだけでして、いろいろ打ち分ける能力は無いんであります。(笑)

Posted by:やきそばパンZ at 2009年10月24日(土) 15:39

Anonymous said...

自分も、SQ SUMO(丸型)にリシャフトをし、NV65S が刺さってます。そちらは、シャフトの値段が日本に比べても格安ですよね。

Posted by:MR-G at 2009年10月25日(日) 17:32

yspz said...

MR-Gさん、こんにちは。

お仲間ですね。

NV65Sは安いですね。シャフト単体が$65だったかな?
ネット販売で探すとたまにすごく安いときもあったりするようですけど。

ディアマナはまだ$250とか$285してます。
で、カイリとかイリヤとかはまだ出ていないです。


私はプロフォースってシャフトはあんまり合わないみたいです。
フジクラは種類が多すぎてどれが合うのか分かりませんし。たまに打って、いいな、と思うときあるんですが、番号とか忘れちゃうんですよね。

AldilaでもNVS65Sはそんなに合わなかったりしますので、難しいですね。

まぁ私の実力では、どれ打っても大して変わらんだろ?って話も合ったり無かったり。(笑)


Posted by:やきそばパンZ at 2009年10月26日(月) 00:43

Anonymous said...

こんにちは、東京は台風接近で結構な本降りです。
仲間に入りにくい道具のお話・・・ですね~。
先日の和気あいあいコンペでHCが+1・0・2のクラチャン達のドライバー談義を脇で聞いていました。
この時も知識がないからただ聞いているだけ・・
ロフトは8.5度か9.5度で・・・
シャフトはSかXですね・・・
一番重いのが330グラム、軽いのが320までないと言う・・・
ボールもスリクソン、ツアーステージ、タイトリスト、プリセプト、組み合わせもバラバラ?・・
球筋もローボールのストレート系、ローフェード、ドローボールとまちまち・・・・
落ちるところはそれぞれ芯を喰えば殆ど同じ・・
+1のY君が言いました。
「気に入ったクラブを使うのが一番だね」
何かホッとするひと言でした。

Posted by:ノリさん at 2009年10月26日(月) 16:55

yspz said...

ノリさん、こんにちは。

さすがトップアマの方々は、日本に居てもけっこう重いドライバーをお使いですね。
店頭に並んでいるドライバーはみんな50gとかのシャフトで300g前後が多いんじゃないでしょうか。
(グリップとシャフトが同じくらいの重さしかないんですねー。)

みなさんフジクラのシャフトなんですか。


私が下手のくせにドライバーをいろいろ試しているのは、あらゆる状況、例えば力が入ったときとか、ふと気が抜けちゃったときとか、抑えて振ったときとか、芯を外して打ったときとか、曲げにいったときとか、いろんな状況でミスが大きくならないドライバーです。
(腕を道具に助けてもらおうとしてます。)

しかも大して飛びませんから飛距離はあまり落としたくないのです。


MR-Gさんへのコメントで、どれも大して変わらんだろ?って書いたんですが、うまく打てたときは間違いなくどれも大して変わりません。
下手ほどミス、半ミスのときに大きな差が出るのだと思ったりしてます。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年10月27日(火) 00:08