8/04/2010

ラウンド記録 (ダッド・ミラーの5)


以前よくバック9を練習していたダッド・ミラーを、久しぶりにラウンドして来ました。

ここは、タイガーが中学生時代の学校のホームコースですが価格的にもレイアウト的にも距離的にも、極めて癒し系のコースです。

TWLC (タイガーウッズ・ラーニング・センター)が、元はレンジだった場所に建設されました。
(それで、名物だった650yのパー6は無くなってしまったんですけどね。)


このホールが、私としては一番難しいと思う12番ホールの2打目地点を振り返って見た写真です。
(携帯のカメラで設定をミスって暗く写ってしまいました。(^^;)



ティーからは橋を渡った向こう側に約210yでレイアップ、写真でいうとこちら側後方にあるグリーンに向かってクリーク越で160y-190yのアプローチになります。
(ティーからこちら側フェアウエーへドライバーでのショートカットは激しく
困難でその割にあまりrewardがありません。)


前回、リンクス・アト・サマーリィで打たなかったリシャフトした3+Wを使ってみるのが目的です。
距離的にもフラットな場所が多くて、どのクラブで大体どの辺まで飛ぶのか熟知していますので、距離を把握するには好都合なのです。


グリーン周りで逆目になるダウンスロープのチップショットが必要になる場所だけ覚えていて避けられさえすれば、池が全部のショットに絡む15番のパー5以外、大きなトラブルには遭いません。

私自身は、8番ホールのティーショットがちょと苦手なのと、16番のパー3が208yの割には打ってみるともう少し長い感じがして距離的にタフなのと、6番ホールがドッグレッグの上にまぁまぁ距離があってスコア的にタフだないうところはありますが、後のホールはほぼ全部安牌といっても過言ではありません。

そんなこと言いつつ、アプローチをミスり、ティーショットを曲げて、1、2番の安牌ホールをボギー、ダボと不甲斐ないスタート。(笑)
(スタート前にレンジでウォームアップする時間がないラウンドはいけませんですねー。(^^;)


青ティーからでもコースレート/スロープは68.6/116、パーは35・36=71です。

1 4 △ 0 DS4BL-U②
2 4   2 6BL
3 4 - 1 D9S-②
4 4 - 0 D8S-①
5 4 - 1
6 4 △ 0 6A
7 3 - / 8S
8 5 - 0 4A
9 3 - / 24A

10 5 - 0 12S-②
11 3 - / DS5B
12 4 △ 0 DD22SS-D6S- (3パット)
13 3 ◯ /  ⑬
14 4 - 0 6A
15 5 - 0 14B
16 3 - /  ① (14)
17 4 △ 2 U12A
18 5 - 0 3B


39(17)・37(17)= 76(34)


すごく良いスコアのように見えますが、実際には先日のリンクス・アト・サマーリィでの81の方がディファレンシャル的にはずっと良いスコアです。


今回、目的の3+Wは、1番のティーショット、8番のティーショットとセカンド、10番のティーショットとセカンド、15番のセカンド、16番のティーショット、
18番のセカンド、の計8回使えました。


8番のセカンドショットがちょっと左へ行ったのと(でも次打がグリーンへプレー出来る許容範囲です)、16番のパー3でグリーンオーバーした(ここは3Wや2Uだとギリギリ届くか届かないかで、たいていグリーンに届きません)のぐらいで、あとはほぼ想定していた距離に気持よく打てました。

レンジで、たまに左へダグ・フックを打つことがありましたが、明らかにスイングが悪かったものです。
フェースの少しトゥ側で打ってしまったときには、右へ出てフックして戻る
ボールが出ますが、これも許容範囲です。



このコースのグリーンはスピードが遅いので、S(hort)して外すパットが多く記録されています。

1番ホールのパットは、ここではおなじみの「ダウンヒル・スライダー」ですね。
(4歩(約2.8m)を、2歩半弱(約1.7m)もオーバーしてしまいましたから。
グリーン遅いのに。)
3パットのピンチでしたが、なんとか返しを入れました。(^^)

12番は例の私が一番難しいと思っているホールで、グリーンオーバーしたカラーから、下りのパットがカラーで思った以上に喰われ、パターの芯も外して打っていたらしく、どショートして3パットしてしまいました。
2パット目までショートでしたからね。(x_x;


パッティングは無理に遅いグリーンに距離を合わせようとは思いませんでしたが、安定して比較的好調だと思います。♡




10 comments:

Anonymous said...

こう言ったコースは、新しい打ち方や、新しいクラブを試すには丁度良いですね。私も地元のコースを回るときは、色々試しています。

このスコアは、Zさんに取って妥当な範囲内では無いでしょうか。いくら易しいコースとは言っても、簡単に72が出るわけでもありませんしね。素晴らしいスコアです。

私もそうですが、ある程度易しいコースだと時には70台半ばのスコアが出ますが、難しくなると、余計な事をするからでしょうね。スコアが付いてきません。精神的なものもありますが、ショットが安定していないからだと自分では思っています。

でも、昨日の練習で実は閃くものがあったんです。50球くらい続けて、良いショットが続きました。クラブを変えても、同じ打ち方で良いショットが出たのは初めてかも知れません。今週末もそれが続いていれば、大きな変化かも知れません。

Posted by:trimetal@CT at 2010年08月05日(木) 02:00

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。


すみません、偉そうに大したことないスコアとか書いてますが、このコースで9ホール練習するときに色々試したりしますと、43とか打つことももちろんあります。
1個しかない池に打ち込むこともたまにはありますし。

もう少しグリーンがスムーズで速ければもっとしょっちゅう行くんですが。



>昨日の練習で実は閃くものがあったんです。50球くらい続けて、良いショットが続きました。クラブを変えても、同じ打ち方で良いショットが出たのは初めてかも知れません。

これはとても羨ましい状況です。
私は50球も続いたことは今までに一度も無いと思われます。

ちょっとしたきっかけでショットが見違えることってありますよね。


最近、3Wでいろいろシャフト変えたりやってやのと、新溝ルール適合アイアンを試したりとか、ウエッジをいろいろ検討したりとかで、スコア至上的なラウンドになっていませんでした。(もともと大したスコア出してたわけでもありませんが。)

3Wは落ち着きましたので、今度は・・・

多分またウエッジ辺りを色々やりそうな。(笑)
(まだX-Tour使ってます。)


一方、パッティングはけっこう好調を持続しています。

もうひと越えブレーク・スルーしたいところなのですが、こちらは積み重ねで進行中ですので、新しいパターとかは考えてないです。

先日、スクラッチのサンディエガンさんからパッティング練習のヒントをたくさんいただきました。
もうちょっと頑張りたいです。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月05日(木) 04:55

Anonymous said...

このコース、パー6があったんですね。
パー6のあるコース。。。うちの近くにあるのかナァ?

さすが、やきそばパンですね、
ミスがありながら76は素晴らしいです!

うちのコースのグリーンは速いので、
違うコースの遅いグリーンでのプレーは
時として、アジャストするのに苦労します。
やっぱり、グリーンはフェアーで速いというのが
好きですね。

私のゲームもやっとやっと、
少しづつまとまってきたので
あと、もう1ゲーム良いスコアーをポストできれば
何とかやっと、hdpからRが取れそうです。


Posted by:スノーマン at 2010年08月05日(木) 07:40

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。

このスコアは必死にいいスコア出すようにプレーしました。
すごい簡単なコースなんです。隣のホールからも戻せますし。
唯一、逆目のところへ行ってしまうと異常に難しいので。


ホームが速いグリーンっていいですね。
9.5-10フィートぐらいですか?

スノーマンさんは元々シングル・ディジットのインデックスを持っていらした実力者ですから、程なく戻るでしょう。


あれだけトーナメントやら行事やらが山積みだったのにまだRが付いてるって言うのはある意味すごいですね。

シアトルの雨がなせる業でしょうか?


ハズさん製 新クラブの炸裂を期待しております!!


Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月05日(木) 09:24

Anonymous said...

最初の書き方が悪かったかも知れませんね。50球も完璧な当りが続いたのではなく、課題としていた問題が50球くらい出なかったと言った方が良いですね。

元々、私のスイングは、長いクラブ(1W, 3Wが特に)で右に出たり、チーピンが出たりするケースが多かったのです。(プッシュもチーピンも原因は同じだと思います)

1ヶ月程前に、体重移動とトップ位置でのシャフトの方向を意識的に変えたら捕まりが良くなって、ストレートからドローボールが出るようになったのです。

何となくヒントを掴んだのですが、体重移動が大きすぎたのでしょうね。少々上下動が問題のミスショットが出ていました。そこで、体重移動を抑えて、テークバックからトップ位置だけ見直した所、プッシュアウトが出なくなったのです。

50球くらいは捉まりの良い球筋が続いたと言うわけです。その間に若干フックするケースや、薄い当りもありましたが、プッシュやチーピンと違って、それは問題ではありませんので、もしかしたら大きな変化かも知れないと思った次第です。

Posted by:trimetal@CT at 2010年08月06日(金) 06:09

Anonymous said...

Zさん、

パッティングが好調とは羨ましいです。私の最近のパットは、短いのがイマイチで、長いパットは安定しています。お陰さまで、Zさんの色んな記事を参考にして、デジタルパットによる長い距離感は非常に良くなっています。

でも、2m前後が以前の様に入らなくなりました。時々、1mくらいが怖くて外すんじゃないかと恐怖感で、上手く打てなくなる事があり、対策検討中というところです。

先ずは、ショットを安定させたら、パットに取り組もうと思っています。それが出来たら、スコアも付いて来るかな。

Posted by:trimetal@CT at 2010年08月06日(金) 06:13

yspz said...

trimetalさん、ありがとうございます。

>課題としていた問題が50球くらい出なかったと言った方が良い

私は自分に厳しくありませんので、理想のスイングも理想の球筋も求めていなかったりします。
まさにtrimetalさんがおっしゃるようなマァマァの満足のできる安定したショットが打ちたいと思いますのですが、レンジで打っても50球と続かないです。

レンジでの方が、1球1球が少し雑になる傾向は否めないとも思いますけれども。


コースで45ショット前後をレンジとは比べものにならないほど色々な条件下で打つ中で、くそ酷いショットがラウンド中にたまに出てしまうのはある意味当然だなー、とコメント書きながら思ってしまいました。

ラウンドでも、ほぼ毎ショットがもう少しこうだったら・・・的な部分は多少ありの軽度のミスショットの連続で構成しています。


私の場合は、極端なプッシュアウトやチーピンは滅多に出ませんが、逆にほとんどいつもコース幅いっぱいぐらいのプッシュアウトのドロー回転のボールや左いっぱいぐらいのフックボールは常に打っているような感じです。(笑)

始末に負えないのは、プッシュ気味に出てフェード(スライス?)する球が出る時なんです。原因もよく分からないですし。
ヒールに当たったケースでは左に引っ張ったものがスライス回転で戻って来ますから良いのですが、ドライバーで↑の球やウエッジでのシャンクなどが出ますと、間違いなくトラブります。

あと、傾向としてはアイアンでもウエッジでもドライバーでもそうなんですが、打ち始めや気が抜けた辺りでトゥ側で打ってしまい芯を外したボールがミスとしては一番多発します。

なんとかお付き合いしつつラウンドしますが、もう少し頻度を減らしたいです。

Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月06日(金) 10:58

yspz said...

私のパッティングは、好調だとか、んなこと言いつつカラーからのも入れてラウンド平均32.0パットですので、trimetalさんが羨ましいと思っていただけるレベルにはまだまだです。


ところで、1-2メートルの安定化には、カウンターウエイトを絶賛でオススメいたします。
同じく信奉者仲間になってくださった(笑)、ひゃっぽさんのご意見もご参考になさってください。


重さはグリップしている範囲内に収まりますから、ストローク(スイング?)・バランスは全く変わりません。(バランス計の数字は変わるかも知れませんが。)
結果として、ロングパットの距離感もほとんど変わりません。(十数分で慣れます。)

もし気に入らなければすぐに抜けますしね。

Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月06日(金) 10:58

Anonymous said...

相変わらず・・・、ナイスラウンドでした。
遅めのグリーンでショートするって仲間にも結構いますね。ハーフ終わっても調整しきれないってぼやいています。私?練習グリーンで調整済みですから
パット数は寄せとリンクしてますから、寄せも練習しておかないと・・・・・、いつも思ってるんですが。

Posted by:ノリさん at 2010年08月11日(水) 05:53

yspz said...

ノリさん、ホントですね。

私の友人にも一人、フィーリングでプレーするロー・ハンディキャッパーが居ますが、その人が此処へ来るとパットが多少ですがおかしくなります。 ショートが続くからですね。

私は、ラインにも拠りますが、10-15%増しで計算してデジタル処理しますからさほど狂いません。

しかしながら、転がりもスムーズでないグリーンなので、このコースではパッティングの結果を気にしないようにしています。

安いし近いしお手軽なので練習にはよく使いますけど、ちょっと易しい短いコース過ぎる感は否めません。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月11日(水) 11:18