10/18/2012

Great Big Bertha II 5W (DG S300)


私、(何度も書いておりますが) 実は長年フェアウエー・ウッドがとても苦手で、歴代のクラブはどれも1番2番アイアンを揃えるくらいのアイアン・マンでした。
(アイアン・マンっていうと聞こえが悪くありませんが、ウッド苦手マンでした。)

ところがですね、いわゆるハイブリッドと呼ばれるクラブの、テーラーメイドのレスキューの2番を使うようになったのがきっかけで、ハイブリッドの4番が今やバッグで主力のクラブになり、その延長でトライした3番ウッドがすごく好きになりました。

その3番ウッドの記事は、こちらにあります。

 「Great Big Bertha II 3+W (Aldila NV 75X)


ロフトが13度、長さは43 1/2インチ(測り方によっては44インチかも知れません。)、シャフトは78gの硬さX、かなり小ぶりのデープフェースのヘッド、ということで難しそうなクラブに聞こえますのですが、これを導入してからゲームの幅がすごく広がりました。(^^)


私はロング・ヒッターでもハード・ヒッターでもありませんで、ヘッド・スピードはあんまり測りませんのでアバウトですが、今年あたりでは90マイル(mph)前後しか出ていません。 40m/sぐらいの換算でしょうか。

でもこのクラブはとても相性が良いです。(^^)


求めている結果があまちょろけであんまり高い精度を求めておらず、まぁまぁの結果で満足するから不満が出ないと言う面もあろうと思います。

大体210-230yぐらいを打つ時に使いますので、例えば多少トップ気味とかダフリ気味で180-190yとかでもまぁOKな感じの状況でのショットが多いですし、基本的にそれほど高く上がらないクラブですから左右への怪我があまり大きくありません。
私のスイングのせいで、ミスは左へのミスが多いんですけれどもね。

とても良いショットが打てた時の爽快感は他のクラブには代えがたいものがあります。
ドライバーでグリーンを狙うことは殆どありませんですし。


ここ最近でも、ここの10番ホールとか、ここの13番ホールとか、僕たちには良い思い出が沢山あります。(瀑)



3W があまりに好き過ぎて、5Wを試したくなっていました。
つい先月の記事にも書いてましたよね。)

いつも行くゴルフ屋さんの大セールがある時に、普段倉庫にある新旧クラブが大量に表に出てきます。
先週末にその大セールがありまして、$19.99でしかもさらに20%引きという価格で入手できてしまいました。

画像をクリックで元サイトにリンクしてます。


買ったのは真ん中の5番ウッドだけです。


スペックはこちらです。
http://www.callawaygolf.com/global/en-us/golf-equipment/classic-golf-equipment/great-big-bertha-ii-fairway-woods.html

ロフト角が18度、ライ角が57度らしいですね。
42インチでバランスはD2ってなってますけどリシャフトしちゃいますので、D8ぐらいになるかも知れません。


このクラブにはオリジナルのGBB SYSTEM 60というシャフトの硬さStiff (FIRM FLEX)のものが挿さっていましたので、とりあえずバック9の練習ラウンドで2回ほど打ってみたのですが、2発とも低いスライスが出て私には到底使えませんでした。

画像をクリックで拡大します。


それでまぁ、すぐにリシャフトをお願いしました。

ゴルフショップのクラフトマンさんに、「どのシャフトにするの?」って聞かれて、
「Aldila NVの85Xか、もしくはダイナミック・ゴールドのS300のウッド用を、42インチ(半)合わせでお願いします。」って言ったら、

「マジで?!」と聞き返されてしまいました。

無理もないですね。 悪気ではないと思いますし、私の体格のスペックには聞こえませんもの。

どちらにするか迷いましたが、DGのS300の方にしました。
以前 3Wで実験して、こちらのスチールの方が上がりやすかったことを覚えていたからです。

私はあまり上がるボールを好んでいないのですが、5Wは多少上がった方が特色が出るな、と思いまして。

ちなみにリシャフト代は$15でした。 (割引してくれたのかな?)


そんなこんだで私のバッグに少なくともしばらくの間は常駐するようになったのがこちらの5Wです。(^^)

画像をクリックで拡大します。

画像をクリックで拡大します。


むふふふー。 良いクラブですねー。(^^)
全然フックフェースじゃないので構えやすいですね。


まだドライビング・レンジで30球ぐらいしか打っていませんが、芝に多少沈んだライでも打ち込んで行けるみたいですし、ちゃんと打てば思っていたくらいの高さの弾道で190-210yぐらい飛んでくれているような感じです。(この辺、距離はまだアバウトです。)


距離的に、ユーティリティーの2番と少々被りますし、バッグの中身もとりあえず15本になっちゃうんですけど、

どういうライでどっちのクラブが有利か、どういう状況でどういうミスが出やすくてどっちが安全か、そのあたりを見極めつつ、しばらくコースで使って行ってみたいな、と思いました。



4 comments:

サンディエガン said...

私も所有していました。
良いクラブですよね。今は全く見かけなくなりましたが。

yspz said...


サンディエガンさん、こんにちは。

サンディエガンさんがお持ちだったとは嬉しいです。

どうもシャローで平べったい感じは天ぷらのイメージがするのと、重心距離が長くなるためかどうか、苦手みたいなんです。

なんという因果な腕なんだろうと思いつつ、楽しくクラブを選んでます。

trimetal said...

相変わらずハードなシャフトとヘッドをお好みですね。私は逆で、ディープなウッドは球が上がり辛そうで敬遠しています。それに長いクラブは私のスイングに合ってないようですので、1Wと3Wだけが長いクラブで、後はアイアンの延長線上の長さです。1Wも43インチにしたくらいです。まあ、できるだけ安全なショットを目指すtrimetalのスタイルなんですけどね。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。


パワーとか年齢とともに無くなっているのに、なんなんでしょうね?

GBBのSystem60と言うシャフト、Stiffだったので使ってみたのですが全然打てませんでしたよ。

今回のクラブ、ちょっとボールが上がり過ぎかなと思って、はやりユーティリティーの2番の方が良いか、自分の中で比較検討中です。 あっちも16度なので易しいクラブではないんですけれども。


レベルは多少違っても、なるべく安全なショットを保険かけて打つスタイルは私も近いと思います。(^^)

それ故にあまり上がらない方が私にとっては望ましいのですが・・・。